2008年11月08日

模倣犯1

模倣犯1 (新潮文庫)
著 宮部 みゆき ¥ 820


公園のゴミ箱から発見された女性の右腕、
それは史上最悪の犯罪者によって仕組まれた
連続女性殺人事件のプロローグだった。


比類なき知能犯に挑む、第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。

そして被害者宅やテレビの生放送に向け、
不適な挑発を続ける犯人――。

が、やがて事態は急転直下、交通事故死した男の自宅から、
「殺人の記録」が発見される、事件は解決するかに見えたが、
そこに、一連の凶行の真相を大胆に予想する人物が現れる。


死んだ男の正体は?
少年と老人が辿り着いた意外な結末とは?



posted by miyuki at 10:48| Comment(0) | 模倣犯1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。